熟年離婚すると年金はどうなるの?

熟年離婚(綿密に準備して、必要なら証拠なども集めて、法律の専門家に相談するのもいいですね)をすることに気になるのが、年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)ではないのでしょうか?

以前であれば、自分の年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)だけで暮らさないといけなかったので、離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)してしまうと専業主婦だった方は生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)がむつかしくなることが多かったものです。

しかし、今は夫婦の年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)を足して2で割った金額をおたがい受け取る事が出来るでしょう。

そのために、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が熟年離婚をしても、以前よりは生活がしやすくなりました。

ただ、かといって、熟年離婚(綿密に計画して、必要なら証拠なども集めて、法律の専門家に相談するのもいいですね)をした方がおとくという訳ではないんです。

なぜなら、離婚(一度成立した婚姻を解消することです)しない方が年金は多くもらうことのできるからです。

離婚後と離婚前を比較すると、扶養手当の影響で離婚前の方が年金が多い場合が多いですね。

場合によっては同じ金額のこともありますが、一般的に離婚後の方が年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)が少なくなると思ってください。

また、離婚後の年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)が離婚前よりも多くなることはないと言うところも、覚えておいて下さい。

熟年離婚(綿密に計画して、必要なら証拠なども集めて、法律の専門家に相談するのもいいですね)を考えるのであれば、必ず年金の事を考慮した上で、した方がよいのかしない方がいいのかを判断するようにされて下さい。

離婚準備
離婚の用意や準備を進めるために夫婦間の協議が必要になります。子供の親権や面会の頻度や慰謝料の金額など、確実に同意しておきましょう。

関連記事

このページの先頭へ