子供に受けさせたい遺伝子検査

自分の子供には一体どんな能力があるのか、どんな習い事をさせると能力が発揮されるだろうか・・・と悩む親御さんも増えています。通常は子供の成長過程において、徐々に才能が開花されていきますが、もしもっと早い段階で潜在能力を知ることができれば、能力の優れている分野の習い事をさせるなどして、効率よく子供の能力をのばしてあげることができます。

ただ、子供の成長するにつれて自己主張が出てきて、親が才能を伸ばすのによかれと思って習い事をさせても、興味がわかない場合は嫌がることも考えられます。そこで、できれば0歳から3歳ぐらいまでの間に遺伝子検査で子供の潜在能力を把握し、早期教育を始めることが大切になります。このぐらいの年齢だと脳によりよい刺激が与えられ、能力がより発揮されやすいので、才能にあった教育を始めるのには最適な時期だといわれています。

遺伝子検査では、性格や感情、知能や運動能力、芸術的な才能、健康など様々な項目があって、優れた能力や反対にちょっと不足している能力、性格上の長所や短所など色々なことが分かります。申し込み後に送られてきた検査キットに同封された綿棒を使い、口腔内の粘膜を採取して返送します。検査機関で粘膜の細胞内に含まれる遺伝子を調べ、項目別に検査結果がまとめられ、日本語に翻訳されて届くという流れになっています。
 

関連記事

このページの先頭へ