子供の才能を見つける遺伝子検査

幼いうちに子供に秘められた才能に気づき、しかるべき教育環境においてあげることは、子供の才能をより開花させるのに効果的です。人間の細胞には様々な遺伝データが含まれており、遺伝子検査を受けることで、子供がどのような才能に秀でているか、また不足しているのはどんな能力か、を知ることが可能となりました。これまでは、アメリカやヨーロッパでしが知られていませんでしたが、フジテレビの「エチカの鏡」という番組の英才教育特集でも遺伝子検査が紹介され、国内でも広く普及しつつあります

遺伝子検査には年齢制限はありませんが、より早い時期に才能に適した習い事をスタートさせれば、将来大きく才能が開花する可能性があるので、できるだけ幼い時期に受けることをおすすめします。遺伝子検査では、基本的な知能や学習能力や感情(性格)、音楽や絵画、運動などの潜在能力が細かく項目に分けて識別し、分析してくれるので、具体的にどんな分野に向いているのかを知ることができます。

国内ではまだ遺伝子検査は実施されておらず、中国の上海にあるバイオテクノロジー関連企業が検査を請け負う形となります。ただ、遺伝子検査で判明した能力を伸ばすための教育を行ったからといって、必ずしも大成するというわけではなく、子供の将来を縛ることはできません。しかし、向き不向きや短所、長所などをあらかじめ知っておくことは子供の将来を考える上で一つの指針となり、子育てをする上でもプラスに働くといえるのではないでしょうか?
 

関連記事

このページの先頭へ